神奈川のトレンド霊園 横浜三保浄苑|神奈川の霊園.com

資料請求リストに追加した霊園・墓地0

    現在リストに登録された霊園・墓地はありません。

×閉じる

横浜三保浄苑(神奈川県横浜市緑区)

民営霊園宗教不問
霊園情報を携帯に送るページを印刷する

■大仏様に手をあわせ、ここに眠るすべての人を悼む。多様化するニーズに1か所で対応し得る多彩な区画が魅力!

横浜三保浄苑

 最寄り駅であるJR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン「中山駅」からはタクシーで5分前後と交通至便な立地。住宅街にも程近いが、三方を「新治市民の森」「三保市民の森」「瀬谷市民の森」に囲まれた高台にあるため、都心から車で1時間もかからない横浜の地でありながら緑の大パノラマを堪能できる。
 目印となるのは、入り口にある9mの涅槃仏。タクシーで行先を伝える際は、「大仏様のいる霊苑」と言えばすぐにわかってもらえるだろう。苑内には涅槃仏のほかに3体の大仏様が鎮座しており、大仏様に手を合わせることで、同苑に眠るすべての方々の供養に繋がるつくりになっている。
 まずは、滝の内部にある納骨壇を守るように座す「滝の大仏様」。この区画は「滝の大仏様墓苑」と称され、納骨の際にはいったん滝の流れを止めて、大仏様の下を通って遺骨を納める。この滝水を追って行くと、管理棟の脇にあるもうひとつの滝を下り、「一切萬霊永代供養観音仏」へと流れ着く。金色に輝く観音仏は、同苑の墓地を購入したすべての方を対象として、希望があれば末代にわたって供養するものだ。観音仏の脇にある銘板ボードに名前が刻まれるので、故人がここに眠っているということを後世に伝えるための証にもなるだろう。最後の1体は、「樹木葬さくら墓苑」を見守る大仏様だ。この区画では桜の樹を囲むように設けられた納骨室に骨壺のまま埋蔵し、銘板に名前を刻む。樹木葬というと樹の根元に埋葬する形式が主流であることを考えると、進化型の樹木葬と言えるのではないだろうか。駐車場右手奥にある「芝ざくら墓苑」も、芝桜にかこまれた石造りの納骨室に骨壺のまま埋蔵し、別に設置された銘板に名前を刻むタイプだ。同霊苑内では、これに一般墓苑、「ペットと眠れる墓苑」を加えた5種類の墓所が展開されている。「ペットと眠れる墓苑」は、ペットを家族の一員として慈しみ、その死後も手厚く葬りたいと考える人が増えたことを踏まえて造られた墓苑だ。飼い主とペットの墓石が1㎡の区画に建つひとつの台座に並んだ形で、カロートは内部で分かれているが、希望によりつなげることもできる。ペットだけを埋葬したいというニーズには、駐車場脇にある「ペットの小道」での個別埋葬という形で対応。ペットを連れた来苑者がのんびりと散策を楽しめる小道の両脇に、思い思いのプレートとともに埋葬する形式だ。ここで埋葬された場合、3年を過ぎると合祀墓に移して供養されることになる。ペットを対象とした専門霊園に火葬を依頼している点も安心だ。
また一般墓と樹木葬を合わせたハイブリットなお墓「樹木葬こもれび墓苑」が新登場。墓所に植えられたマサキの木が初夏になると美しい花を咲かせる。
 苑内を一通り巡ると、同霊苑だけであらゆる供養のかたちを体現できることに気付く。大仏様を通じてお墓本来の役割である“供養の気持ち”を想起させつつ、時代の流れと共に多様化する価値観にできる限り対応して行こうという霊苑の意思が伝わってくるようだ。霊苑に隣接する土地には、経営主体である浄願寺の本堂が来春完成予定で、供養にまつわるすべてをワンストップで提供できる場としてさらなる進化に期待がかかる。

  • 横浜三保浄苑

    滝の大仏さま墓苑

  • 横浜三保浄苑

    樹木葬こもれび墓苑

  • 横浜三保浄苑

  • 横浜三保浄苑

    芝ざくら墓苑

  • 横浜三保浄苑

  • 横浜三保浄苑

    一般墓苑

  • 横浜三保浄苑

    ペットと眠れる墓苑

  • 横浜三保浄苑

    ペットの小路

  • 横浜三保浄苑

    ペット区画例

  • 横浜三保浄苑

    一切萬霊永代供養観音仏

  • 横浜三保浄苑

    涅槃仏(9m)

横浜三保浄苑価格

永代使用料 :50.0万円
価格詳細を見る

【アクセス】
 電車を利用する場合には、JR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン「中山駅」からタクシーで5分ほど。東急田園都市線「長津田駅」、相鉄本線「鶴ヶ峰駅」からタクシーを利用しても15分前後だ。各線「横浜駅」西口、「鶴ヶ峰駅」、「中山駅」からは神奈川中央交通バスに乗車し、「梅田」バス停で下車すれば徒歩3分ほどで霊苑入り口に到着できる。車では東名高速道路「横浜町田」インターチェンジから15分、第三京浜道路「羽沢」インターチェンジから22分。東京都心からも1時間弱でアクセスできる。

【管理棟】
 駐車場に直結した管理棟は、窓から霊苑全体と周辺環境を一望できる。法要施設がある地下にはエレベーターで降りることができ、そのまま一般墓苑と「ペットと眠れる墓苑」がある区画に出ることが可能だ。地下には法要施設も併設されている。また、1階外側には車いすトイレがあり、駐車場から棟内へ入ることなく利用できる。

【周辺環境】
 三方を「新治市民の森」「三保市民の森」「瀬谷市民の森」に囲まれた高台で、横浜市内とは思えないほどの豊かな緑が広がっている。最寄り駅から車で5分前後であり、住宅街からも近いが、騒がしさとは無縁だ。常緑樹が多いため、四季を通じて緑の森を吹き渡っていく風を感じることができるだろう。

【駐車場】
 管理棟脇に併設された駐車場は48台収容可能。車での来苑がほとんどだというが、混雑時にも余裕を持って止められる。傾斜は緩やかなので、年配の方や車いすの方も安心だ。

詳しい資料を取り寄せる(無料)霊園の来園・見学のご希望はかんたん予約

横浜三保浄苑のアクセス

交通アクセス
神奈川県横浜市緑区三保町987-1
電車アイコン ▼JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン「中山駅」
 南口1番乗り場より
 ◎52系統[三保橋・鶴ヶ峰駅経由 横浜駅西口行]10分
  「梅田」バス停下車 徒歩3分
 ◎53系統[三保橋経由 鶴ヶ峰駅行]10分
  「梅田」バス停下車 徒歩3分
車アイコン ▼東名自動車道「横浜町田」インターより約15分
▼第三京浜道路「羽沢」インターから約22分