• HOME
  • 神奈川の霊園を探す

神奈川県の霊園事情

神奈川県は関東地方の南西部、東京の南に位置する。面積は約2,400平方キロメートル。人口は約900万人で東京都に次いで第2位、人口密度は約3,760人で東京都・大阪府に次いで第3位である。

全国の市町村でもっとも人口の多い横浜市をはじめ、川崎市・相模原市と3つの政令指定都市を擁し、都市化が進んでいる。その一方、県の西部には箱根山地と丹沢山地がそびえ、富士箱根伊豆国立公園、丹沢大山国定公園に指定されている。県土の40%が森林であり、豊かな自然にも恵まれている。

人口が多いことから墓地の需要も大きい。平成23年に神奈川県が行った県民ニーズ調査によれば、回答者の23.5%が新たにお墓を取得する必要があると答えた。また、お墓を取得するとしたら、どこに取得したいかという質問に対しては、現在住んでいる市町村内と回答した人が37.1%、近隣の市町村が10.0%、神奈川県内が12.9%となっている。地元にお墓を持ちたいという人が多いと言えるだろう。一方で、神奈川県内の霊園に対しては、墓地の供給が需要に追いつかない東京都民の需要も少なくないようだ。

神奈川県は県営の霊園を設けていないが、横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市・藤沢市・平塚市・小田原市・綾瀬市・清川村などが公営の霊園を開設している。その多くは地元住民のみ利用することができるが、「清川村営 宮ケ瀬霊園」の場合、村が指定した近隣の市町村や村内の事業所に勤務している人など、条件を満たせば村外の方でも利用することができる。

県内には民営霊園、寺院墓地も多いが、横浜・川崎などの都市部と、その郊外や県の西部ではずいぶん事情が違うようだ。

東京都同じく、都市部においては小規模だが交通アクセスにすぐれている都市型の霊園が多い。郊外型の霊園に比べて区画が狭く、値段も高額だが、近年の都心回帰の流れもあり、非常に人気が高くなっている。新規の霊園ではバリアフリーなどにも配慮した霊園が増えている。

大都市の郊外や県の西部などでは、大規模な郊外型霊園が多くなっている。比較的価格が安い上に区画も広く、法要施設や休憩所、売店などの設備が充実しているところが多い。体の不自由な方に配慮したバリアフリー設計や色とりどりの花が咲く花壇、富士山や丹沢山地の眺望など、環境面でも魅力を競っている。圏央道の開通で、さらに交通の便がよくなっているのも魅力である。

古い歴史を誇る鎌倉には、伝統と格式を誇る寺院が多く、寺院が経営する民営霊園や寺院墓地もたくさんある。鎌倉は高級住宅地・別荘地のイメージがあり、さらに格式の高い寺院に墓地を持つことは、それだけで一つのステータスとなるため人気が高い。

東京からのアクセスもよく、さまざまなタイプの霊園が揃っているのが、神奈川の霊園の魅力といえるだろう。

サイト利用の注意事項

  • 担当者が現地に常時待機しているわけではございません。【霊園に直接行かれたい場合】は「お客様センター(0120-432-221)」まであらかじめご連絡ください。
  • 資料請求・見学予約・ご相談はすべて「無料」です。
  • 一度の資料請求が15件を超える場合は、絞り込みさせていただくことがございます。
  • ご希望の霊園・墓地所在地が、お住まいより遠方にある場合には、確認のご連絡をさせていただくことがございます。
  • 資料は霊園または提携石材店よりお届けいたします。複数の霊園・墓地にて資料請求された場合、数社からご連絡がいくことがございます。
  • 運営主体・寺院の事情等により、インターネット上に掲載できない霊園・墓地もございます。掲載されている霊園・墓地以外の情報をお知りになりたい方は、インターネット相談・問い合わせ またはお電話にてお問い合わせください。
  • 空き区画の状況は常時変動がございます。また、価格改訂等により、掲載情報が実際とは異なる場合もございます。
  • 掲載されている情報に関して、事実と異なる情報、誤解を招く表記などがございましたら、霊園墓地のサイト掲載情報までご連絡願います。

ピックアップ霊園